mt4でfxシステムトレード

MT4でシステムトレードをした事はありますか?実は、システムトレードと言えばMT4というぐらい、MT4とシステムトレードは相性抜群なのです。最近では国内・海外いずれのFX業者もシステムトレードを採用してきています。それだけ、システムトレードが一般的になり、また需要も増えたという事なのでしょう。システムトレードというと、コンピュータが売買シグナルを出してくれ、それを教えてくれるというもの。また、そのシグナル通りに売買するところまでを自動化(自動売買)する事も出来るというものでした。

では、本当にシステムトレードは裁量トレードより優れているのでしょうか。裁量トレードでは、本当にシンプルに、「上か、下か」を人間の頭で考えて手動で注文、決済までを行いますが、自分で相場の状況を見てトレードしていますので、ちょっとした値動きに一喜一憂してしまうという欠点がありました。また、人間の脳は感情に左右されやすいので、決めたルールを破ってトレードしたり、ロスカットやリミットの位置を根拠もなくずらしてしまったり。とにかく、冷静になれないという人間の欠点が、そのまま裁量トレードの欠点です。ですが、急な値動きにも対処できるというメリットもあるのです。あまりにも急激な相場の動きには、インジケータがついていけないという事態も起こるのです。そんな時、裁量トレードだととっさの対処で損切りや、利益が出ている時点で手仕舞い出来るという可能性もあります。

ですが、システムトレードへの夢も捨てきれないものがあります。過去数年にわたって利益を出しているシステムは、将来的にも利益を生み出す可能性を持っているからです。バックテストというものがまさにその夢を持たせるものなのですが、とにかく、トレードに関しては、感情を排除して淡々とルール通りに、しかも長期にわたって行うという事が一番重要で、利益を残しやすい方法だと思われています。また、そういった人間の感情が一切入らないデータであるから、バックテストの結果というものが信頼できるのでしょうね。

世界中のトレーダーに愛されているMT4ですから、システムトレードに関しても様々な業者がサポートしています。ですが、職人気質と言いますか、自分で組んだロジックでシステムトレードをやりたい!という人もいる訳です。こういう人がいるのですから、システムの自作は楽しいものなのではないか?と思いますよね。

しかし、実際MT4でのシステムトレードは、何せプログラミングが必要。初心者が数日で習得できるようなものではないというのがネックです。以前は本当に、知識のある人しか手の出せない、敷居の高いものでした。ですが今は、初心者でも簡単に、選ぶだけでシステムトレードを始められるよう、各社が独自のツールを開発してくれています。初心者の方はシグナル付の業者に口座を開設して、無料ツールの使い方を学ぶ方が、早く確実にシステムトレードを始められると思います。