エクセルでfxシステムトレードは可能か?

皆さんが普段、表を作ったり文書を作ったりしているエクセル。あの普通のエクセルでシステムトレードが出来るって知っていますか?エクセルは大変な優れもので、売買ポイントの算出から、バックテストも出来、資産増加グラフまで作れます。どうやれば、出来るのでしょうか?

まずは、ちょっと勉強が必要です。エクセルでマクロを使った事がある人なら入りやすいですが、そうでない人はまずマクロを覚えなければなりません。ですが、ヘルプに載っている全てを覚える必要はありません。プログラムの関数というのは、やりたい内容によって、使うものもある程度限られてきます。それを幾つか挙げておきましょう。

AVERAGE関数(平均値を求める)、MIN関数(最小値を求める) MAX関数(最大値を求める)、ABS関数(絶対値を求める)、COUNT関数(数を数える)、COUNTIF関数(特定の条件を満たすセルの数を数える)、SUM関数(総和を求める)、SUMIF関数(特定の条件を満たす値の総和を求める )

これらの関数はエクセルの中でもごく基本的なもので、見たままの意味ですし、使い方も簡単です。例えばAVERAGE関数を使いたいなら、AVERAGE(セル番号1:セル番号2)と表記すれば、セル番号1からセル番号2までの数値全てを合計した平均値を出してくれます。その他も同じように使えます。

これらの関数で、予め読み込んでおいたデータを操作します。そして、次の条件文でシグナルを出します。IF、AND、OR文です。IFは、ある条件を満たした時のみ、何らかの処理をするという時に使用する文です。IF(条件)→以下、処理 という感じです。

そして、その条件が複数になる時に、条件をつなぐために使うのがANDです。(条件1)AND(条件2)AND(条件3)…という風に書いて、この場合、条件1〜3の全てを満たす時のみ、処理を実行する事になります。それから、「または」という意味で使うORもよく使います。(条件1)OR(条件2)という風に書くと、条件1か、条件2のいずれかに該当すれば、処理を実行するという事になります。

ですが残念ながら、売買シグナルを算出するというところまでは可能でも、自動売買は出来ません。自動売買をしたい人は、それが出来る業者に口座開設するしかありません。しかし、パソコンを買った時から当たり前のように親しんできたエクセルで、こんな事が出来るとは思いもよらなかったでしょう。本当に、素晴らしいソフトだという事が改めて分かります。